アンチエイジングの鍵とされるヒートショックプロテインの最新情報や美しくあるための美容情報を発信します

ビューティコラム

最新記事

年齢を重ねることによる変化…例えば肌の衰えや、体型の変化、体力の衰えなどを感じた時にはほとんどの方は「歳をとったなぁ」「老けたくない」「いつまでも若々しく、健康でいたい」と思うのではないでしょうか?

同じ年齢でも、見た目年齢、健康年齢は人によって差があります。

50代、60代になっても20代の時のまま何も変わらないというのは無理でも、老化のスピードを遅らせて、とても50代、60代には見えない若々しい身体、肌、動き、美しさというのは可能なことだと思います。

老化のスピードを遅らせるための様々な配慮、取り組み「アンチエイジング」は、日本語では抗加齢や抗老化と訳されます。

いつまでもイキイキ輝き続けるためにはどうしたらよいのか。老化を加速させる原因や運動や食べ物、スキンケアなどアンチエイジングのための生活習慣や日常生活での配慮などをお伝えしていきます。

タンパク質「ヒートショックプロテイン(HSP)」はストレスや加齢により機能変化が起こることで、組織を構成する細胞の老化につながることがわかっています。

そのため、タンパク質「ヒートショックプロテイン(HSP)」がダメージを受けると、しみ、しわ、たるみ、皮膚トラブル等あらゆる肌悩みを引き起こす可能性が考えられます。

早いうちからエイジングケアにおいてタンパク質「ヒートショックプロテイン(HSP)」を意識することが大切です。

食事面ではタンパク質「ヒートショックプロテイン(HSP)」を多く含む肉、魚、大豆等を中心にバランスの良い食生活を心がけましょう。

また、タンパク質「ヒートショックプロテイン(HSP)」にダメージを与える活性酸素を増やす作用のある紫外線やストレスを予防することも重要です。

伊藤和子先生

伊藤和子先生
(美容皮膚科医)