ヒートショックプロテイン(HSP)は25歳頃から減っていき、40代50代で急激に減少してしまうスキンケアに欠かせない美容成分です。

ヒートショックプロテイン(HSP)とは?

ヒートショックプロテインは
肌に備わっている特殊たんぱく質

ヒートショックプロテイン(HSP)は、もともと私たちの肌に備わっている特殊たんぱく質で、乾燥などのストレスによるダメージから肌を守り、みずみずしい肌を保つために欠かすことのできない重要な役割を担っています。

ヒートショックプロテインは
年齢とともに減少!

肌のみずみずしさと美しさを支えるヒートショックプロテイン(HSP)は、年齢を重ねるごとに減っていき、特に40代後半から50代にかけて急激に減少していきます。ヒートショックプロテインが減った肌は、乾燥によるストレスダメージや外的刺激の影響を受けてしまい、肌が不安定になる原因となることがあります。

肌内のヒートショックプロテイン量が年齢によって減少してしまい弱まった肌力の図

ヒートショックプロテイン不足は
肌不調と肌悩みの原因に

「昔よりも肌が乾燥して敏感に…」「いくら保湿しても乾燥して、肌悩みが…」など、年齢と共に肌が敏感になり、乾燥などによる肌悩みを感じる女性が急増しています。それは、生活環境の変化や食生活の乱れ、女性の社会進出、年齢などにより、多くのストレスを抱えるようになったためかもしれません。

ストレスにより肌はダメージを受け、外部からの刺激を受けやすい敏感な状態になりますが、特にヒートショックプロテインが減少している肌はストレスダメージの影響を受けて、肌の不調を感じることや、気になる肌悩みが増えていくことにつながります。

日々のストレスダメージ(内的ストレス、外的ストレス)によってお肌の負のスパイラルを説明する図

ヒートショックプロテインを
補うことでゆらがない美しさを!

肌がゆらぎがちな方、いろいろなスキンケアを試しても納得できなかったのは、もしかしたら“ストレスダメージ”から肌を守る「ヒートショックプロテイン」が不足しているからかもしれません。
「ストレピア」は“ヒートショックプロテイン”を貯蓄するように補い、みずみずしく潤いに満ちた肌を整えることで、ストレスダメージから肌を守るスキンケアシリーズです。美しさの土台を整え、ゆらがない肌をサポートします。

スキンケアを行う女性

ヒートショックプロテインを増やす
運動の重要性

運動は生活習慣を整えるだけでなく、気持ちのリフレッシュなど、身体を鍛えること以上にプラスとなることがわかっています。
さらに適度な運動をすることは、もともと私たちの身体に備わっているヒートショックプロテイン(HSP)を増やすことにも繋がります。
運動と体内のヒートショックプロテインに関する詳細記事はこちら

運動でヒートショックプロテインを増やす

ヒートショックプロテインと
サウナの関係性

体内のヒートショックプロテイン(HSP)を増やす方法の一つとして「HSP入浴法」は広く知られてきていますが、サウナにもヒートショックプロテインを増やす効果があります。
美容にとってもプラスとなるサウナに関する詳細記事はこちら

サウナのヒートショックプロテイン効果

ヒートショックプロテインに関連する論文

日本の文化として定着している温泉。身体を温めることで体内のヒートショックプロテインを増やす効果が期待されるという論文が発表されています。
温泉に習慣的に浸かる方の肌が美しいと言われるのにはヒートショックプロテインが大きく関係していることがわかってきています。
温泉に関する詳細記事はこちら

一般社団法人 HSP プロジェクト研究所を設立して:ヒートショックプロテイン(HS70)と温泉

引用元:日本温泉気候物理医学会雑誌 第80巻第3号 121-123(2017)

温泉によるヒートショックプロテイン効果

気になる「糖化・酸化・炎症」の3大悩みをしっかりケア

年齢を重ねるにつれ気になる3大悩み「糖化・酸化・炎症」。これらはシミや肌老化の原因にもなります。そのため、日頃から気を配っていくことが大切です。毎日の生活でしっかりケアしましょう。

たとえば、糖化の一因は糖分の過剰摂取です。そのため、炭水化物やスイーツなど、糖分を摂りすぎないように注意しましょう。

また、忙しいとついメイクをしたまま寝てしまうことも…
夜はしっかりメイクを落として、規則正しい生活を心がけましょう。特に酸化しやすい夏は、こまめに皮脂をしっかり洗い流すことも大切です。抗酸化力の高いトマトなどを食べることもいいですね。

さらに、洗顔する時にごしごしと強く洗うことで、肌が炎症を起こし、シミの原因となる可能性もあります。洗顔は、弾力のある泡で優しく洗いましょう。

また、年齢を重ねるにつれ、もう一つ気をつけていただきたいのが「乾燥」です。乾燥は、自分の肌が変わってきたなと思う一番のサイン!乾燥が気になり始めたら、エイジングケアのはじめ時です。
※年齢に応じたお手入れのこと

乾燥する、という時は、肌内のうるおい成分が減っているサインです。HSPも肌の潤いには欠かせない重要な成分です。

体調やストレス続きなどで、肌が乾燥を感じることも、敏感になっていると感じることも年に数回はあると思いますが、そういう時は、マズイマズイと思っていつもよりストレピアの種類も量も多めにしてケアし、保湿成分であるHSPケアを強化するのもお勧めです。

ヒートショックプロテインの働きを示す図
  • ダメージケアダメージケア

  • 乾燥等のダメージをケアし、健やかな肌へと導きます。

  • エイジングケアエイジングケア

  • バイタリティあふれるみずみずしい肌を保ちます。

  • バリアケアバリアケア

  • 紫外線による乾燥や花粉、ほこりなどの外的刺激から肌を守るバリアとなります。

  • ゆらぎケアゆらぎケア

  • 潤いを保ちゆらぎにくい状態に整えます。

私からも
ヒートショックプロテインHSPについて
お伝えさせてください

佐上からのコメント

誰もが身体の中に持っている特殊タンパク質のヒートショックプロテインHSP!20歳を過ぎた頃から年齢とともに減少!ストレスでも減ってしまうんです!

このHSPが多いと、乾燥や紫外線などからくる様々な肌トラブルを自力で潤いながら修復したりできるのですが、足りなくなると、そのメンテナンス力も低下してしまうんです。子供のお肌と、私たちのお肌が違う理由は、ソコなんです!涙

しかし、増やせるんです!

よぼよぼになった萎れたレタスを、50度のお湯に数秒くぐらせてみるとあら不思議!シャキッと新鮮になるです!お子様やお孫様と、実験をしてみてください。

それと同じことが私たちの身体や皮膚でも起こります。\(^o^)/

とはいえ、私たちの肌に50度のお湯をつけるわけではないですよ。笑
その働きをするHSPをストレピアでケアすることで補っていく!ということです。

美容外科でよくあるレーザーもその原理を応用しているんです!

HSPについて、なんとなく、ご理解いただけたでしょうか?
とにかく、お肌に貯蓄するように補っておいて、良いことだらけ!のタンパク質です!

もっと知りたい!というお方は、お気軽にお電話ください!

ヒートショックプロテイン
最新ニュース

冬に感じる不調の原因とは
マッサージでHSP効果をアップする方法
アスパラガスからHSP関連成分が抽出
レタスをたべて身体の中からキレイに
毛穴悩みにはヒートショックプロテイン
美容とHSPの意外な関係性
キレイをあきらめない!年齢肌の原因追及
魅力的なヒートショックプロテインの種類
スチーマーで温熱ケア
美肌美人になるには基礎化粧品から
サウナを活用してHSPケアを
蒸しタオルの活用でキレイ増進!
健康維持に欠かせない運動は美肌にも役立ちます!
今話題のHSP入浴法と肌が綺麗になる理由